トニー・ザイラー顕彰碑 蔵王中央ロープウェイ・蔵王スカイケーブル|蔵王観光開発株式会社


運行情報

Operation

トニー・ザイラー顕彰碑

Toni Sailer

 懐かしの映画スター「トニー・ザイラー」は、松竹映画「銀嶺の王者」のロケーションで、蔵王温泉に1ヶ月以上滞在し、スキーや蔵王の魅力を広めるとともに多くの関係者とも親交を深めました。このロケーションがきっかけで、山形市はトニー・ザイラー氏の出身地キッツビュール市と姉妹都市の盟約を締結し、1974年にはトニー・ザイラー氏に山形市特別市民章が贈られました。

 この顕彰碑はトニー・ザイラー氏への追悼の意と蔵王温泉を広く世界に広めた功績、親交に対しての感謝を込めながら、「日本スキー発祥100周年」を迎える年に建立したものです。

トニー・ザイラーの紹介

 オーストリア・チロル州キッツビュール出身のスキー選手。1956年の冬季オリンピックで初のアルペンスキー3冠王(滑走・大回転・回転)となり、1957年にもアルペン複合の3冠王、1958年にはアルペン複合と3個の金メダルを獲得しました。
  22歳の若さで引退後は、俳優に転身し、映画「黒い稲妻」「白銀は招くよ!」で主演を演じるなど、日本にも多くのファンをつくりました。
  2009年8月24日、インスブルック市で惜しまれながら73年の生涯を閉じました。

トニー・ザイラー氏の3つの指導理念と蔵王三大神

トニー・ザイラー氏はアスリートとして大切な3つの理念を掲げ、スキー指導に熱心に取り組みました。3つの指導理念とは、スキーに興味を持ち好きになること「好奇心」、それをやりとげる丈夫な体をつくること「体力」、勝とうとする強い気持ち・意志を持ち続けること「意志」の3つです。

3つの指導理念はパワーの実として土台に設置し、蔵王には蔵王三大神があるため、正面に向かって左の実から「意志」は蔵王大権現、「体力」は蔵王地蔵尊、「好奇心」は蔵王大黒天に向けて設置してあります。

トニー・ザイラー顕彰碑マップ

 

トニー・ザイラー顕彰碑への行き方

 

中央ロープウェイ温泉駅
 ↓ 7分
鳥兜駅
 ↓ 1分
鳥兜山展望台(蔵王大黒天)
 ↓ 15分
紅葉峠(高松宮妃歌碑)
 ↓ 15分
トニー・ザイラー顕彰碑